【Android無料アプリ】口腔機能訓練「パタカマスター」


オーラルフレイル予防アプリ。ランダムに生成される3文字の無意味音音節連鎖発音訓練。三々七拍子に合わせてレベル3までのパタカ発声。一生自分の歯で食べましょう。

お口の機能をトレーニングできる「パタカマスター」

私たちが食べものを噛む、飲み込む、言葉をしゃべる際には、お口周りの器官が複雑に連携しています。とくに重要なのが舌や口腔周囲の筋肉で、年齢を重ねるとそれらが衰えていってしまいます。その結果として、食べ物を噛みにくい、飲み込みにくい、言葉をしゃべりにくい、といった症状に悩まされるようになります。そこでおすすめしたいのが「パタカマスター」です。


パタカマスターとは?

パタカマスターとは、お口の機能をトレーニングするスマホ用のアプリです。同じような名称のアプリに「パタッカー」というものがありますが、そちらはお口の機能をチェックするのが目的です。パタッカーで、口腔機能の低下が認められた場合に、パタカマスターを使うのが良いでしょう。そこで気になるのが「パタカ」という言葉ですよね。

口腔機能訓練

体のラジオ体操と同じようにお口の訓練には「口腔体操」「健口体操」「パタカ体操」「パタカラ体操」「咀嚼体操」などいろいろな種類があります。その訓練の目的はどれも同じで ①咀嚼に関わる舌・口唇の運動訓練 ②舌・口唇を素早く巧みに動かせるようにする訓練 ③舌・口唇を強くし持久力を付ける訓練 の主に3つとなります。


パタカとは?

パタカという名前は、検査の際に「パ」「タ」「カ」と発音することに由来しています。正式には「オーラルディアドコキネシス」と呼ばれる検査法で、研究論文などもたくさん発表されています。そんな「パ」「タ」「カ」をスムーズに発音できない場合は、口腔機能の低下が疑われることから、パタカマスターによる訓練が必要となります。



無意味音音節連鎖発音訓訓練とは?

通常訓練には3個の無意味音を組み合わせることによってトレーニングします。その発音する音は目的により3つのグループに分かれます。

 ①口唇の開け閉めで唇を訓練する「パ行」「バ行」「マ行」

 ②舌の先端を発音に使う訓練「タ行」「ダ行」「ナ行」

 ③舌の後方(付け根)を訓練する「カ行」「ガ行」

これらの音を組み合わせる事で口腔機能訓練を行います。

パタカマスター(ランダムに三音作成)口腔機能訓練

難易度を3段階に変えられる

パタカマスターは、レベルが3段階に分かれています。最初は、レベル1から始めるのがおすすめです。3音とも唇と舌の動きが同じなので、発声しやすいです。慣れてきたらレベルを上げていきましょう。レベル3になると、3音とも唇と舌の動きが異なるため、かなりの巧緻性が求められます。それがスムーズに行えるような状態を常に保ち続けましょう。口腔機能トレーニングは、筋トレとほぼ同じなので習慣化することが大切です。


   レベル1 3音とも唇・舌の動きが同じ

   レベル2 2音が唇・舌の動きが同じ

   レベル3 すべて唇。舌の動きが異なる

パタカマスター(レベル3に挑戦)口腔機能訓練

パタカマスターの使い方

このアプリは無意味音を自動でランダムに作成されるため、手間なく飽きずに続けられます。また、三々七拍子に合わせて発生するため、リズミカルに楽しく無理なく訓練できます。


パタカマスターは、以下の手順に従って使いましょう。


① スタートボタンを押す ⇒ ランダムに3文字表示される

② 表示された文字を三々七拍子に合わせて2回発声する

③ これを10セット繰り返す

パタカマスター(三々七拍子リズム)口腔機能訓練

パタカマスターの使い方は極めてシンプルなのですが、文字にすると少しわかりにくいところもあるかもしれませんね。アプリをダウンロードして、実際に起動してみると、すんなり使いこなすことができますよ。“百聞は一見に如かず”です。

まとめ

このように、パタカマスターを使えばお口周りの機能を正常に保つことができます。年を重ねて飲み込みにくさやしゃべりにくさを感じている人は、是非とも活用していきましょう。



  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Copyright © 2005 HIRONOBU KUMAGAI. All Rights Reserved.

​岩手県一関市

著作権保護