【歯ブラシ特許62】ピンセット歯ブラシ




【国際出願番号】PCT/JP2002/011289

【国際公開日】2003年10月2日

ごめんください。 究極の歯ブラシと愛を求めてさすらうハブラシハンター(独身)だす。 ピンセットみたいに歯をつまむんでなくて、柄を握ることで先端を開くってことだすな。 そんでもって、握ったのを放すと、先端が閉じて歯にフィットする…ってことだすな。 そりゃあ、面白いだす! これなら歯の表側と裏側を同時に磨けて、とっても便利だすな! こいつも、ものぐさシリーズだす(笑) 奥に残った食べカスも、はさんでつまみ出せるだすし、 もしかしたら、ノドに刺さった魚の骨も… ん〜さすがにそれは、無理だすな(笑) んでも、待ってけろ! よく見たら、こいつじゃ、普通に歯を磨けないだす! 向かい合わせの植毛じゃ、奥歯の溝を磨く時、どうすればいいんだすか?! んだ、やっぱす普通に磨くときには、 別々に切り離しておけるようにしておいた方が良いだす。 んで、ここぞという時に合体させるだす! やっぱりこいつは、ガンダムシリーズだす(笑)


【要約】

握ることで双胴の柄に生じるたわみを利用して、叉状の開放端が拡幅する柄である。この柄を用いて作られる、歯の両面を挟んで清掃する歯ブラシ、随意にデンタルフロスの張糸幅および張力を増加できるデンタルフロスホルダー、管内清掃具、ピンセットである。 こ の双胴の柄は、2本の構造材(3)と(9)を音叉状に結合して結合端(5)をつくり、中間に支点となる支点部分(4)を設置して作られる。また射出成形に より一体に成形できる。両端支持ばりにたわみを発生させるように、たわんだ部分が接近するように支点部分と結合端の間を握り入力することで、支点部分から 開放端(1)、(7)までの構造材が、開放端間(6)が拡幅するように支点部分付近から旋回する。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Copyright © 2005 HIRONOBU KUMAGAI. All Rights Reserved.

​岩手県一関市