【歯ブラシ特許 9】舌挿着ハブラシ






【実用新案出願】平4-49777


【出願日】1992年6月5日


【目的】

歯ブラシを舌に装着することにより、歯の裏側がきれいに磨ける歯ブラシを提供することを目的とする。


こう言う事


装着を「挿着」としたところが憎い。 口の中では舌側は比較的虫歯になりにくい。舌が無意識に汚れを落とす「自浄作用」がおこっているからだ。その舌側に特化した歯ブラシ考案は珍しい。

カレーの皿を洗うのが便利


アインシュタインが似合いそう。


【目的】

歯ブラシを舌に装着することにより、歯の裏側がきれいに磨ける歯ブラシを提供することを目的とする。

【構成】

歯ブラシのフレーム(1)に舌状の凹部(2)を形成し、該舌状の凹部(2)の舌先部分に対向する該フレーム(1)の外周上にブラシ(3)を植設したことを特徴とする。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Copyright © 2005 HIRONOBU KUMAGAI. All Rights Reserved.

​岩手県一関市