google-site-verification=blZ8rggj9UcrdNzBxQYlpUIdsgBON0WytZZViI9TqiM

【歯ブラシ特許 58】ハンマーヘッド歯ブラシ


【歯ブラシ特許 58】ハンマーヘッド歯ブラシ

【出願番号】実用新案出願平4-22538

【公開日】1994年3月15日

ごめんください。 究極の歯ブラシと愛を求めてさすらうハブラシハンター(独身)だす。 こりゃまた、すごい形だすなぁ…。 ワタスは、あの海のギャングのシュモクザメっつうヤツをイメージしてしまっただす。 英語だと確か…ハンマーヘッド・シャークだっただす。 んだば、こいつはトンカチ型歯ブラシだすか? でも、なんで二つヘッドがあるのか、ちょっとわからんだす。 一度に左右両側の歯の裏が磨けるのならともかく、 普通の歯ブラシみたいに、片一方の歯の裏側が磨き終ったら、180度ひっくり返せばいいんでないだすか? それに下の奥歯の裏側を磨くときには、片方がベロに当たって痛かったり、ジャマになったりするんでないだすか? 二兎を追うもの一兎も得ず…なんて声も聞こえてきそうだす(笑) ワタスが思うに、こいつは90度ヘッドを回転させちまって、 ものぐさの方用に、上下の歯を同時に磨ける歯ブラシってことにしてしまえばどうだす? その方が売れる気がするんだすけど… ものぐさシリーズだす!

【目的】

歯の内側を磨くのに適した歯ブラシを提供すること。

【構 成】

柄棒1の先端を略L字形に屈曲して植毛台2を連設し、該植毛台2の左右両側面に柄棒1に対して左右両方向を向くようにそれぞれ刷毛3a,3bを植設した。 植毛台2を上又は下に向けた状態で刷毛3a,3bを歯列の内側に挿入し、一方の刷毛を歯の内面に押付けて通常の歯ブラシと同様に柄棒1を上下又は前後方向に動かす。歯列の左右反対側を磨くときは、柄棒を左右反転させて反対側の刷毛を歯の内面に押付け、同様に柄棒を上下又は左右方向に動かす。

【効 果】

左右二つの刷毛によって上下の歯列の内側全体を簡単且つ確実に磨くことができる。しかも、歯列の右側と左側とで左右の刷毛を均等に使い分けることになるた め、一方の刷毛だけが損耗するというような片減りが生じにくい。また、特殊な磨き方をする必要がなく、通常の歯ブラシと同様に把持して動かすだけで良いため、作業が簡単である。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Copyright © 2005 HIRONOBU KUMAGAI. All Rights Reserved.

​岩手県一関市