【歯ブラシ特許 37】利き腕ハブラシ





【出願番号】特許出願2001-173251


【公開日】2002年11月12日

ごめんください。 究極の歯ブラシと愛を求めてさすらうハブラシハンター(独身)だす。

おお、こりゃあ今までになかっただすな。気が付かなかっただす。 こういうもんは、たいてい左利きの人がいつも使うのに困って考え出すもんだす。 んだから、考案者もきっと左利きだす。 間違いないだす。 んでも、片っ方にしか曲がっていなかったら、左利きの人しか使えないだす。右利き専用もあった方が良いだす。 あとは…角度の付け方が難しいだす。 曲がり具合が浅くても深すぎてもいかんだす。 それならいっそのこと、左右どちらにもクネっと曲がるようにしたらどうだすか? そうすれば、利き手に限らず、左右に持ち変えても、うまく磨けるはずだす。 どっち利きの人にも喜ばれること間違いねえだす。 それと、角度の調整も自由自在にできるようにすればいいだす。 そうなんだす! この針金みたいにクネっと曲がるようにするところがミソなんだす。 あんましよく曲がっちまうと、グニャグニャして上手く磨けないだす。 あくまでクネっと曲がるくらいがちょうど良いんだす! んでもって、柄にも滑り止めのグリップなんか付けちまって、よく手にフィットするようにしちまうっていうのはどうだす? これなら磨くポジションも、ピタッと決まるだす!


【課題】

従来、歯ブラシには左利き、右利きの人のための歯ブラシはなく、毛先を歯のすべての面に正確に届かすことが難しかった。

【解決手段】

歯ブラシの柄に対して、正面から見て、ネック部分に左、あるいは右の角度をつけることにより、磨きやすくすることを特徴とする。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Copyright © 2005 HIRONOBU KUMAGAI. All Rights Reserved.

​岩手県一関市