【歯ブラシ特許 31】W字型ハブラシ




【出願番号】特許出願平6-306347

【公開日】1995年8月8日



ごめんください。 究極の歯ブラシと愛を求めてさすらうハブラシハンター(独身)だす。 毛先がW型なのかと思ったら、柄の形がWだすか! こりゃあ意表をつかれただす。 こいつは柄の真ん中がグニャッと曲がるようになっているんだすか? そうすっと、左右の歯を同時に磨けるだすな。そりゃあ画期的だす! ん?するってえと、Wっていうより、V字型の柄だすか? それともW字型の方が持ちやすいし、微調整しやすいだすか? おお、今、気づいただす!こいつを縦に持ち変えて、ヘッドの向きを背中合わせに変えると、上下の歯も同時に磨けるだす! なるほど、そういうこともできるんだすな!  んにゃ、んにゃ、それだけでねえだす! こいつを二つ重ねて使ったら…ほれ、上下左右4ヶ所がいっぺんに磨けるだす! これなら、あっという間に歯磨きが終わっちまうだす! 今流行りの、時間短縮…時短だすな。 忙しい現代人にはぴったりだす! V字が2つ縦に重なるだすけ、ま、W字みたいなもんだから、それでいいだすよね!


【目的】

虫歯等の予防のために効果的な歯磨きを行うことができる歯ブラシを経済的に提供することを目的とするものである。

【構成】

両端部にブラシ頭部20,30 が設けられてなる長尺状の本体部10を有する歯ブラシに おいて、ブラシ頭部20,30 が、該ブラシ頭部20,30 に一体的に連設された外側部14を介して本体部10のホルダー部12に連設されることによって本体部10に取り付けられ、且つブラシ頭部20,30 に植毛された剛毛の先端方向からみた場合に、前記ブラシ頭部20,30 の縦軸と外側部14の縦軸が第一鈍角X を有し、ブラシ頭部20,30 の剛毛を側面視した場合に、前記外側部14の縦軸とホルダー部12の縦軸が第二鈍角Y を有していることを構成上の要旨とする。

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Copyright © 2005 HIRONOBU KUMAGAI. All Rights Reserved.

​岩手県一関市